2006年12月21日

考えた。

ダーツしていないので考えだけでも書きます。

ここ最近、一年間共にしたイップスが治りいろいろと考えてます。

まー

ダーツしている人は、練習の時、常に悩みながら投げている人が
ほとんどでしょうから書く必要はないけどね。

続きを読む
posted by RED at 10:14| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ダーツについて考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

上手くなるために

ダーツが全く上手くならない今日この頃。
もうダーツ暦2年にもなるのに一行にうまくなるどころか
一年目よりもヘタクソになっているといわれるREDです。

そんなこんなでスランプなんですが・・・
そういう時ってメンタルも同時にスランプになるものです。

ダーツって上手くなるためには「才能」って考えちゃうんですよね。
どうしても。

才能はやっぱり上手くなるスピードに関しては絶対ありますよね。
維持するのは努力が必要ですが。

で凡人の自分には才能のなさがどうしても
うらやましくなります。

そして、どうしても自分に対して甘くなります。
「どーセ才能ないし」って感じです。

3年目を向かえ、1年目の「上昇」、2年目の「停滞」
なんで「本気」にしたいなっておもうのです。
イメージでね。

2年目の一年間停滞していた理由はなんなんだろう?
って考えることが最近あったのですが・・・

いろいろあって
「上昇志向の欠如」という最大ものがあります。

これには2とうりあって「技術的」「練習」
とあります。
続きを読む
posted by RED at 21:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツについて考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

手首

手首の角度について考えていました。

当初、手首の角度についてすこーし考えてました。

初めて少し経ったころから手首というものは
完全に倒して投げるものと教わってきましたが・・・

どうやら自分には倒さなくてもいいかもと思い挑戦。

やわらかく使う方法を試したところ
なかなか行けます。

今後不調になるか好調になるか、楽しみですな。
posted by RED at 18:19| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツについて考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月25日

リーグ戦とやら、なんとやら

えー
最近、ダーツに対する意欲が滅茶苦茶低下中です。

ここのところ1ヶ月リーグ参加はしていません。

続きを読む
posted by RED at 23:17| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツについて考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月05日

週末と最近

ダーツを始めて一年とチョイチョイ
続きを読む
posted by RED at 11:28| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツについて考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

6/15日現在のメモ

自分用のダーツメモです。
続きを読む
posted by RED at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツについて考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

ダーツ筋

ダーツを投げる前にブルに入る感覚がある。
それが、毎回起こればどんなにいいことか・・・・と考えていた。続きを読む
posted by RED at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツについて考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

2人カウントアップ

これもまた、たまにやる練習方法のひとつです。続きを読む
posted by RED at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツについて考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遠投

自分の練習方法のひとつに遠投があります。続きを読む
posted by RED at 07:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ダーツについて考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月01日

「体を動かさない」

このページは基本的にRED用のメモ的要素が多いし、大して上手くないので
基本的にはスルーや「(英語で)アン ハン」てな感じでお願いします。

あるいは見ていて納得したことや、俺ならこうだ!!という指摘等ありましたらコメントいただけるとありがたいです。

一回ごとにテーマを持って書きたいので今日は・・・
「体を動かさない」

この言葉を知ったのはダーツを始めて2ヶ月ほどですかね。
いまだに体得できない、最も基本なことで難しいことです。

体は動かさないとありますが、ダーツをするには最低肘と手首は最低でも動きます。

要は「BULLにはいる腕の振りをいかに楽に、正確に、反動が少なく撃てるか」がテーマになりました。

体が動く代表的な動作として考えられるのが以下の4つ
1.スタンス2.肘の位置
3.テイクバック
4.フォロースルー 

まずは1.スタンス 

スタンスとは要は楽に投げられればそれでよいんだろうけど、それでは理論っぽくならないのでチョット書く。 ほとんどのプレーヤーがサイドスタンスやミドルスタンスの現在のダーツ界にてほとんどがそれであるがゆえに大事な場所だともおもう。
自分は腕の振りが大きく強いために投げた後の反動を上手く吸収するのがスタンスの役割なのだがサイドスタンスでは足が痛くなるほどだった。 これではだめだとおもい。サイドスタンスで軸足だけに体重を乗せるようにしたところ、投げやすくはなったが投げ終わった後に一歩前に出るような感覚になる(出てしまうこともあった)。 そこで現時点でも結論として 「出来るだけ軸足に全体重を垂直にかかるようにする。」「投げ終わった後、反動がこないスローにする。」がテーマになってくる。

2.肘の位置
 これは個人個人なのでどうしようもないが、自分は180センチあり一般男性から見て長身または平均よりチョット上の部類に入ると思う。
自分は投げ下ろしの部類に入るため



続きはまた書きます。(05/01.12更新)





posted by RED at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ダーツについて考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。